1/3

      月 火 水 木 金 土

院 長 AM ● ● ● × ● ●

(富井明望)PM ● ● ● × ● ×

副院長 AM ● ● × ● ● ●

(富井直子)PM ● ● × ● ● ×

担当医師

Information

水いぼ処置について

 

 当院の水いぼ処置について、コロナウィルス感染症拡大防止のため当面の間下記対応となります。

 

1.看護師が抑え込むような状態では致しません。

 (泣いたり暴れた時点で治療終了になります。)

2.マスクができない状態での処置は致しません。

 (2歳以下のお子様はマスクをしなくてよいです。)

3.麻酔テープの前処置は、長時間待合室でお待ちいただくことになるので中止致します。

 

 以上の件、ご了解を頂けましたら当院でも処置は可能となります。ただし、たくさん水いぼがあるお子様で確実に全部とりたい場合は、ご希望に添えない可能性が高いと思いますので、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

 頭や顔のその他の処置についても同様に対応致します。

 市内での感染患者の増加、患者様、職員の感染予防の観点から、ご理解ご協力をお願いいたします。

「みんなでみんなを守る」

 

 当院では、「患者さんを感染から守る」「職員を感染から守る」「医院を感染から守る」「地域を感染から守る」に取り組んでおります。

 これを徹底するために院内トリアージを実施しております。トリアージとは、「仕分け」という意味で、医療において「専任の看護師が診察の前に問診を行い、感染症の患者さんの危険度や緊急度をあらかじめ評価し、安全な診察(診察を行う場所や順序)を誘導する」という意味で用いています。

 当院でも、トリアージを目的に、発熱のある患者さんや緊急性の高い患者さんには、スタッフがご自宅やお車に電話をしております。お時間やお手数をおかけしますが、「みんなでみんなを守る」を徹底するための院内トリアージにご協力ください。よろしくお願いいたします。

 

 

< 感染対策を実施する期間 >

 

◎ 確定診断した感染者

  発症から10日が経過し、かつ症状消失後72時間が経過するまで

 

◎ 濃厚接触者

  最後に濃厚接触があった日から14日間が経過するまで

 

☆ 上記以外で原因不明の熱発、風邪症状などのある方

  発熱等の症状発症から1週間、症状消失から48時間

 

☆ 無症状の接触可能性のある方

  県外移動日などから1週間

令和3年2月8日 更新

アクセス

上部消化管内視鏡スクリーニング認定医 および

糖尿病認定医取得のお知らせ

 ​当院院長 富井明望医師は、このたび日本消化器内視鏡学会 上部消化管内視鏡スクリーニング認定医、および日本糖尿病協会 糖尿病認定医の資格を取得いたしました

 日本消化器内視鏡学会は設立当初より内視鏡機器、手技をはじめ内視鏡学全領域で全世界に対して指導的役割を果たし、数多くの専門医家の育成にも努めている学会です。

 また、日本糖尿病協会は糖尿病がある人、医師・歯科医師、メディカルスタッフ、市民・企業・行政などで組織されている公益社団法人で、広く国民の健康増進に寄与することを理念に、糖尿病に関する正しい知識の普及啓発活動と合併症などの予防対策に力を注いでいる協会です。

これらの認定医資格を取得したことで、当院における内視鏡検査や糖尿病治療について、さらに知識や技術を磨き皆様に貢献したいと考えております。

 

ニュース

土曜日午後休診のお知らせ

 

 

 

 コロナウィルスの蔓延により来院患者様の感染リスクが増えています。当院では、発熱患者の紹介、入り口での検温と問診の強化、院内頻回消毒などで対策を強化しておりますが、さらなる強化の一環として、まず土曜日午後の診療を一時休止することと決定いたしました。5月2日の土曜日より実施いたします。大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 また、これに伴い受付時間と診療時間を以下の用に変更させていただきます。

   平日 午前11:30受付終了(診療は12:00まで)

      午後17:30受付終了(診療は18:00まで)

   土曜 午前11:30受付終了(診療は12:00まで)

      午後 休診

糖尿病療養についての当院の取り組み

 2,200万人以上といわれている糖尿病、またはその可能性のある方々。その数は年々増加しており、しかも、高齢化が進んでいます。当院では増え続ける糖尿病に対し、的確で効果的な治療ができるように様々な努力を続けております。

 その一環として、当院院長が登録医を務める「一般社団法人 日本糖尿病療養指導士認定機構」

が定めるCDEJ (日本糖尿病療養指導士)の認定試験に、当院の看護師である鈴木めぐみが合格いたしました。

 CDEJ (日本糖尿病療養指導士)とは、糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフです。
 高度でかつ幅広い専門知識をもち、患者の糖尿病セルフケアを支援します。この資格は、一定の経験を有し試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に与えられ、2001年3月に第1回認定試験が行われました。CDEJに認定されることは、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。

一般社団法人 日本糖尿病療養指導士認定機構についてはこちら

内視鏡による胃がん検診

 従来の、「胃がんになっているかどうか?」の検診ではなく、「胃がんになるリスクがあるかどうか?」を調べ、胃がん撲滅へ向けてより積極的な一歩を踏み出すための胃がんリスク検診(ABC検診)。

 

 近日中に、あらゆるところで胃がんリスク検診(ABC検診)が実施され、日本を始め世界中から胃がんが撲滅される夢のような日が到来することを確信しています。

 

胃がんリスク検診の冊子は当院で配布しております。ご希望の方はお気軽にお声かけください

御殿場市民大学講座

当院院長講義

「ピロリ菌除菌の最新情報」 Youtube版ができました

過去の掲載記事

oushin.jpg

 ルグランガーデン御殿場にて、院長往診の様子です

推薦書籍

院長推薦

2013年2月、ピロリ感染胃炎に対する

ピロリ菌除菌の保険適応が実現

この決定に世界の医学界は驚嘆した。

保険適応を導いた2人が、「胃がんの原因=ピロリ菌」の秘密から検査方法、除菌方法まで分かりやすく解説。

藤本好雄・丸山洋両氏追悼墨蹟展のご案内

 

 

 昨年末、年始を挟んで自分が尊敬する書道連盟の大先輩である藤本好雄氏、丸山洋氏のお二人が相次いで辞世されました。

 両氏はともに小生が書道連盟でお世話になっている鈴木惠雲先生の門下生で、書道における研鑽歴が非常に長く、お二人の墨蹟は後世に永く残るべきと考えました。ともに主治医をさせていただいたご縁もあり、僭越ながら今回若輩者の私が富井医院内で追悼墨蹟展を開催させていただくことになりました。

令和4年6月8日 更新

ランドセル-MINI.jpg
アルコール依存-mini.jpg

ごてんば市民芸術祭書道展2022全作品

10月8日から10日まで市民会館小ホールにて展示された全130作品をスライドショーにまとめました。当院院長も委嘱作品として出品しております。

院内感染を防ぐためにも、来院時は極力マスクの着用をお願いいたします。

 

fujimaru-title.jpg

【藤本好雄(恵石)氏】

 昭和30年に自衛隊に入隊され、その後富士学校と駒門駐屯地に勤務されました。惠雲先生の教えを受け、ご退官されてからも一生懸命に書道の研鑽に励み、平成2年に難関の毎日書道展に入選されました。近代書道の巨匠、大井錦亭先生が主宰する創玄書道会で二度に渡り二科賞をも受賞されました。さらに大井先生から漢字部門の教授称号も授与されました。

雅号は「藤本恵石」。なお、令和3年没後、国から瑞宝単光章を授与されました。

【丸山洋(井雲)氏】

長崎県佐世保市生まれ。

 地元の小、中、高等学校を卒業され、静岡大学工学部に入学されました。

 大学卒業後、佐世保重工業株式会社佐世保造船所に入社。

 その後、青春の思い出の地、静岡県に転入し株式会社トーカイに入社。

 退職後は趣味の書道や囲碁の研鑽に努めました。他にもNHK学園通信講座において「日常の書講座 日常の書」部門を修了。また、通訳ボランティア講座において「英語の通訳課程」、しずおか県民カレッジ専門コースでは、「美術作品ガイド養成講座」を修了するなど多数の資格を持たれています。

 書は、元御殿場市書道連盟会長 鈴木惠雲先生に師事。平成29年には御殿場市書道連盟 理事に委嘱された経験もあります。

 雅号は「丸山井雲」。令和3年没。

(受賞歴)

 平成27年9月  静岡県書道連盟主催第34回書道公募展漢字部入選

 平成30年9月  静岡県書道連盟主催第37回書道公募展漢字部入選

 

 

 今回、両氏の師匠である鈴木惠雲先生の書作、さらに小生が収蔵している創玄書道会の創設者、金子鴎亭先生の作品、また両氏所蔵の書道関係書籍なども併せて展示させていただきます。

 

 

               医療法人 社団 富井医院 理事長・院長

               静岡県書道連盟会員 御殿場市書道連盟幹事

               富井明望

               令和4年11月より開催

アレルギー免疫療法

年末年始休診のお知らせ

12月29日(木)から

1月5日(木)まで

上記のとおり休診とさせていただきます。

1月6日(金)より通常診療致します。